勉強

バリスタの資格を取得する為には専門学校に通うと良い

目的にあった手段選び

教員

調理に関する職業はたくさんあります。食材や調理器具のあ使い方などを基礎からしっかりと学ぶためには、専門学校に通うと良いでしょう。調理の専門学校では、自分が将来活躍したい場所に応じた専門知識と技術を磨けます。

View Detail

コーヒー豆の知識

勉強

コーヒーには様々種類があり、産地や栽培方法によって味わいが異なります。ですから、カフェ店員になりたいと考えている人は、こういった専門的な知識を学校で学ぶことが大切です。

View Detail

専門的な知識と技術

バリスタ

バリスタになるためには、コーヒーの知識を人よりも詳しく学ぶ必要があります。
ただ、コーヒーの知識を身につけるだけではなく、淹れ方もとても重要なポイントなので、専門学校で資格を取得しないと独学ではなかなか身につけることができません。また、最近ではラテアートなども喫茶店などで人気が出ており、バリスタもこの技術を身につけている人が多いのです。しかし、バリスタになるには専門的な資格が必ず必要ということはありません。しかし、バリスタの資格を持っていれば、喫茶店などで働く際に自分の自身にもなりますし、コーヒーのプロであるという証明になります。また、コーヒーそのものの知識だけでなく、コーヒーを淹れる技術も大切な要素になります。そのため、バリスタの資格を取得するための試験でも、知識と技術力の両方が試されます。ですから、資格取得に向けて専門学校でしっかりと学びましょう。

バリスタの勉強をすることが出来る専門学校では、説明会や体験レッスンを行なっているところもあります。説明会では、授業カリキュラムや卒業後の就職活動をサポートしているのか、どんな先生がいるのかなどの詳しい話を聞く事が出来ます。また、将来自分の喫茶店などを開きたいと考えている人の相談をすることも可能です。そこで初めて開業に必要な自分の力を知ることが出来ます。体験レッスンでは、実際に専門学校に通っている生徒と一緒に実習を受けられます。こうした体験を入学前にしておけば、入学をした時のイメージを作りやすくなります。

より専門的に勉強をする

勉学

パティシエになるためには、専門的な資格は必要ではありませんが、衛生面に関する国家資格を取得しておくと就職をした際に優遇されやすくなります。専門学校では、国家資格対策の勉強をすることが出来ます。

View Detail