女性

バリスタの資格を取得する為には専門学校に通うと良い

コーヒー豆の知識

勉強

カフェの店員であれば、当然コーヒー豆の違いをしっかり理解し、お客様が求めているコーヒーを淹れることができるでしょう。そこでこれからカフェの店員になりたい人や喫茶店がおすすめしているコーヒー豆の知識を紹介するので、覚えておきましょう。またここで紹介する知識は専門学校などに通い深く学ぶことができるので、これからバリスタになりたいと思っている人は専門学校でしっかり勉強するようにしましょう。

コーヒー豆にも様々な種類と特徴があります。また、産地によって味や香りにも違いがあります。ブルーマウンテンと呼ばれているコーヒー豆は、香りがとても強く、後味がスッキリしています。また、味のコクや酸味と苦味のバランスがとても良く、飲みやすいので多くの人が好んで飲んでいます。そのため、カフェ店員のバリスタがコーヒーを淹れる時に他の豆と一緒に混ぜて使うことが多くあります。ブルーマウンテンは、ジャマイカの標高が高い山から採れます。ブルーマウンテンは、その山脈でしか採れない貴重な豆ですから、とても高価なコーヒー豆の1つとされています。ブルーマウンテンと比べて、コクや酸味、苦味が強いコーヒー豆がキリマンジャロです。キリマンジャロは、豆の淹れ方によって深みのある味わいを楽しむことが出来ます。また、キリマンジャロはアフリカ地方で採れた果物をコーヒー豆に加工したものです。ですから、他のコーヒー豆と違って色が緑色で、大粒です。苦味のあるコーヒーが好きな人にはキリマンジャロがおすすめです。香りに特徴があるコーヒー豆もあります。そのコーヒー豆の名前はコナコーヒーです。ハワイで採れるコナコーヒーは、粒が大きめで平たい形をしています。特徴的なのはその香りで、柑橘系のフルーツの香りがします。コナコーヒーは、他のコーヒー豆とブレンドすると苦味を出す事が出来るので、日本でも多く飲まれています。しかし、日本で販売されているコナコーヒーの中には、ブレンドをされているものもありますので、購入する際にはコナコーヒーが入っている割合を確認する様にしましょう。
コナコーヒーのように、フルーツのような香りがするモカというコーヒー豆もあります。モカは、イエメンで作られていて、酸味が好きな人におすすめです。また、イエメンはコーヒー豆の産地として有名で、日本でもカフェ店員だけでなく様々な人に人気があります。このような知識をバリスタやカフェの専門学校で学ぶと将来は本格的な喫茶店で働くことも可能です。しかし知識だけを持っていても喫茶店で活躍することはできません。なので、専門学校で実習を何度もこなし、即戦力として喫茶店で活躍できるようにしましょう。