女性

バリスタの資格を取得する為には専門学校に通うと良い

より専門的に勉強をする

勉学

将来パティシエになりたいと考えている人は、専門学校に通って知識や技術力を磨くことが大切です。特にケーキ屋さんなどの洋菓子店などに就職をしたい人は、パティシエの専門学校に通うと良いでしょう。洋菓子店などで就職をする場合は、本採用になるまでにっ採用試験を設けているところもあります。採用試験では、パティシエとして必要な知識や技術が現場で働きながら求められます。ですから、独学などでは採用される確率が減ってしまうこともあります。そのため、プロの職人としての知識や技術を専門学校で学ぶことが重要となるのです。また、専門学校では国家資格を取得するための勉強をすることも出来ます。パティシエになるために国家資格は必ず必要ではありませんが、将来自分のお店を持ちたいと考えているのであれば国家資格が必要です。また、将来お店を開こうと考えていなくても、国家資格を持っていることで就職をする際に優遇されることもあります。

パティシエの仕事は、元々持っているセンスが問われるという印象を持っている人もいますが、実はそうではありません。パティシエになる為には、毎日練習を重ねる事が大切なのです。また、パティシエはケーキの生地などを作る際にとても大きなボウルを使って生地を混ぜたり、こねたりする作業がほとんどです。1日中立ちっぱなしで作業をするので、とても体力がいる仕事でもあります。専門学校では、そういったパティシエの大変な面も実習で体験出来来ます。